fc2ブログ

田所神社 - 由来書は元親家臣・堀内善左衛門が讃州の陣で田所猪助を討ち取る

オンチャン(とさっぽ)

田所神社(高知市東秦泉寺)

[ 高知県高知市東秦泉寺  ]


場所は、高知駅から北に(イオンモールと日赤の間のバイパス)走ると、県道44号・高知北環状線に出るがですが、信号を渡った一本北側に岡三所神社の鳥居があり、そこより東に50m程の所に、写真の鳥居があるがです。

田所神社(高知市東秦泉寺)

数段の石段を上ると、民家と民家の間の狭い参道が、80m先の登り口に続いちょります。

田所神社(高知市東秦泉寺)

参道から神社までは約20mの山道を上ると、標高約30mの天馬山の南端 になるがです。

田所神社(高知市東秦泉寺)

鬱蒼と周囲は樹木に覆われた開けた頂上部に、田所神社が鎮座しちょります。

田所神社(高知市東秦泉寺)

田所神社の由来

多田源義仲 十六代の孫 堀内善左衛門正荒は奏元に仕へ土州に下る
讃州の城主 田所猪助を討ち取り その姓を継稱す
正荒 元親に殉死
寛文十年 爰(ここ)に勧請し 若宮明神と稱す
明治元年 改号の達しにより 田所神社と改稱す

【 参考・引用 】  傍にあった田所神社の由来より


これは、長宗我部元親の家臣・堀内善左衛門正荒が、讃州の陣の時、城主・田所猪助を討とり、田所氏の姓を受け継い事に由来しちょるようです。

何方が正しいかは別にして、『皆山集』の中に編纂されちょります「土陽渕岳志」の田所神社の記述は、ちょっと違うちょります。

因みに『土陽渕岳志』 は、 植木敞斎が延享3年(1746)に成立させた全3巻からなる土佐の地誌で、神社、陵墓、寺院を始め、産物、疾病、妖怪変化の類までを随筆風に記した書物ながです。

田所猪助社

土陽渕岳志

田所猪助社ハ 土佐郡泰泉寺天場谷ニアリ
田所猪助 本(モト)ノ名ハ、堀内善左衛門ト云
長宗我部元親ニ仕カヘテ 領知三十石ヲ賜り 吾川郡横濱ニ住居セリ
元親ノ士(家臣)ニ 田所猪助ト云 不埒ノコトアリテ 元親ノ士(家臣)二人ヲ切害シ 他国ヘ立ノカントセシヲ 善左衛門 途中ニテ出逢イ 猪助ヲ切殺ス
元親 喜ビ限リナク
猪助ノ領知二十ハ石四斗ヲ スクニ(直ぐに)善左衛門ヘクタサレ(下され) 姓名ヲ則(ソク) 田所猪助ト改ムヘキ旨 仰付ラル
慶長二年 元親卒シテ 薙髪(剃髪)シ 盛親ニ目見シ 豊岡城ニテ殉死ス
子孫ハ 盛親落去ノ後 民間ニヲチケリ
末孫ニ 源左衛門ト云ウ者有
寛文九年正月六日 善左衛門カ霊託テ 子孫姓系ヲタヤスコトナカレ
嫡流与三兵衛ハ 自今吾名ヲ以 田所猪助ト唱ヘシト云
寛文十年九月ニ 此地ニ社祠を建テ 毎年九月廿日 子孫相集リテ祭事ヲ執行フト云

【 参考・引用 】  『皆山集』より


『土陽渕岳志』の方は、元親の家臣に田所猪助と言う、人の迷惑を考えない身勝手で自己中な家臣がおった。
その田所猪助が、同じ仲間である元親の家臣二人を殺害し、他国に逃れようとした所を、堀内善左衛門が討ち取った。
喜んだ元親は、堀内善左衛門に田所猪助の領地を褒美に与え、姓名を田所猪助と改め名乗るようにと申しつけられたとあるがです。



MapFan地図へ  
関連記事
Posted byオンチャン(とさっぽ)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ  

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply


今一度選択いたし候 市町村別記事 高知市 市町村別記事 東部 市町村別記事 中央部 市町村別記事 西部
・ 維新の礎 ・ 高知市 2021 ・ 安芸市 ・ いの町 ・ 大月町(記事無)
・ 歴史・史跡・その他  ・ 高知市 2020 ・ 馬路村(記事無) ・ 大川村(記事無) ・ 黒潮町(記事無)
・ 高知市 2019 ・ 北川村 ・ 大豊町(記事無) ・ 四万十市
・ 写真が掲載されました ・ 高知市 2018 ・ 芸西村 ・ 越知町 ・ 四万十町
・ 高知市 2017 ・ 田野町 ・ 香美市 ・ 宿毛市(記事無)
・ 高知市 2016 ・ 東洋町(記事無) ・ 香南市 ・ 津野町
・ 高知市 2015 ・ 奈半利町 ・ 佐川町 ・ 土佐清水市(記事無)
・ 高知市 2014 ・ 室戸市 ・ 須崎市 ・ 中土佐町
・ 高知市 2013 ・ 安田町 ・ 土佐市 ・ 三原村(記事無)
・ 高知市 2012 ・ 土佐町(記事無) ・ 梼原町
・ 高知市 2011 ・ 南国市
・ 高知市 2010 ・ 仁淀川町
・ 高知市 2009 ; ・ 日高村
・ 高知市 2008 ・ 本山町(記事無)