fc2ブログ

南国土佐へ来てみいや

南国土佐・高知の魅力と見所を歴史や史跡等の観光地を含めて御紹介

米森玄蕃妻子墓 - 元親軍に攻められ城を逃れるが捕らわれ殺害される 

0
[ 高知県高岡郡佐川町丙 ]斗賀野の斗賀野城 (二ノ部城)が、長宗我部元親の軍監・安並但馬に攻められ城主・米森玄蕃元高の妻子は城を落ち延びたがですが、斗賀野城 (二ノ部城から直線距離で北に約1.7Kmの柏原まで逃れて来た所、追ってに捕らわれ殺害されたという。その後、里人たちが菩提を弔って来たのが、この米森玄蕃妻子墓(妃乳母の墓)じゃそうです。 米森玄蕃元高 - 長宗我部元親に降伏せず、ただ一人迎え討ち激戦の末...

沖之古城土居之門跡 - 波川氏と日下の三宮氏の急襲を受けて館は灰塵と化した

0
[ 高知県高岡郡佐川町乙 ]この「沖之古城土居之門跡」の建つ場所は、当時の土居のあった西南隅になるそうで、地検帳(天正18年)によると一町七反七畝四歩の広大な面積で、周囲を約15mの堀で守られちょったそうです。この沖之古城を造ったと言われちょるのは三野氏(惟宗氏)で、東部は大平氏、、南部は津野氏の勢力圏に接しちょる要衝の場所を治めちょったけんど、正中2年(1325)に、波川氏と日下の三宮氏の急襲を受けて敗れるが...

久喜の沈下橋 - 県内最古の沈下橋と言われ国指定の登録有形文化財

0
[ 高知県吾川郡仁淀川町久喜 ] 場所は仁淀川町のバス停「大崎駅」から国道33号線沿いを松山方面に約760m程行くと、河下に降りる道がある。久喜橋までは高低差約45m、約460m下った場所にあるがです。 橋の手前に半分コンクリートに埋まった、「久喜(橋)昭和十年」の記念碑と思われる丸石があった。 右が上流、左が下流 久喜橋 (国指定登録有形文化財)昭和10年に作られた、鉄筋コンクリートの沈下橋。共に現存する高知県で最...

曽我山 - 地名の由来は曽我兄弟の弟・五郎が流されて来たとも

0
[ 高知県高知市朝倉東町  ]以前、日高村の小村神社の摂社に曽我兄弟を祀る祠があるのを御紹介しましたけんど、その後、下記のような記述を見つけました。 剱神社 - 日本三大仇討ち「曽我兄弟の仇討ち」の曽我十郎・五郎を祀る 2020-09-20 (省略)・・・「曽我山」という山があります。これは例の富士の裾野の仇討ちで有名な、曽我兄弟の弟の五郎が、その武勇をおしまれて、追放され、この土佐へ流されてきたと言います。で、曽...

岡甫助澄明(武知忠助)- 土佐勤王党に175番目に加盟

0
[ 高知県香美市土佐山田町中野  ]場所は、丁度、南国市と香美市土佐山田町の境になり、地図上では墓のある場所は香美市土佐山田町になる。 一族の墓は、説明板のある場所より南の土手沿いに沢山のお墓がありますが、その一角にあるがです。、 水路の南側から北側を見た写真で、向かって左から三番目の墓石が岡甫助澄明(武知忠助)の墓です。 墓石にゃ「岡甫助事 明治四年 氏複 ”武知”」とあり、名前は明治五年に”忠助”に改名...

杉五郎兵衛俊重 - 大坂夏の陣で自刃した毛利勝永の遺品を土佐に届ける

0
[ 高知県高知市秦泉寺  ]高知城追手門前にある「高知県立高知城歴史博物館」には、毛利勝永が大坂夏の陣で着用したと言う陣着用兜「白糸威水牛兜」が展示されちょります。慶長20年(1615)の大坂夏の陣で大坂城が落城の際、毛利勝永は豊臣秀頼を介錯した後、息子・勝家や弟の山内勘解由吉近と共に蘆田矢倉(山里丸)で自害したと言われちょりますが、その際、 毛利勝永が土佐の家族に形見の品として届けるように託され土佐に届け...

野中兼山頌徳碑 - 明暦元年(1655)に開削された日本最初の掘込み港湾

0
[ 高知県香南市夜須内港 ] 野中兼山(1615-1663)は 土佐二代藩主山内忠義の執政として 藩のため林業 治水 利水 農地開発 港湾開発 漁業振興に尽瘁く 上杉鷹山 熊沢蕃山と並び天下の三山と称えられた土佐の生んだ偉人である 兼山の治績は全県下に及び今日の高知県の基礎をつくったが 物部川の山田堰(湾曲斜め堰) 柏島港(トンボ口利用) 手結港(防砂堤の配置) 等の優れた技術は 現代でも高く評価されている 手結港は明暦元年(1655)...

熊野神社 - 天正3年長宗我部元親が伊予・阿波に兵を出す際、必勝祈願し勧請

0
[ 高知県南国市大埆乙 ]この熊野神社は、吾岡山東麓南側の急斜面に鎮座しちょります。御祭神は天照皇大神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・速玉之男命・豫母都事解男神(よもつことさかのおのかみ)。 天正三年(1575)秋 長宗我部元親公 師(多くの人々・戦の意味がある)を豫阿(伊予・阿波)両国に出す際 必勝を祈願し 紀州熊野神を勧請すと縁起あり故に熊野神社と云う凱旋の後祭典料として田地八町八反歩寄附す因みに紀州...

楠目清馬藤盛 - 天誅組大和挙兵に参加し敗れ、津藩兵に追われ討死

0
[ 高知県高知市・筆山  ]土佐にある天誅組・楠目清馬の遺髪墓ながです。楠目清馬天保13年(1842)に土佐郡潮江村(現・高知市)の楠目民助の二男に生まれ、名は清馬、通称・盛馬、諱は藤盛という。初め京都に遊学するが、諸藩の志士と交わ尊王攘夷思想に傾き国事に奔走する。文久3年(1863)8月、天誅組の挙兵に参加し、9月24日鷲家口(東吉野)の戦いに敗れ敗走する。28日多武峰村で農民の着物に着替え変装して山路に逃れるが、農民...

勝賀野次郎兵衛実信供養顕彰碑 - 元親の刺客と勇猛果敢に戦う

0
[ 高知県土佐市蓮池 ]蓮池城址の南東麓の若王子神社の近くに、勝賀野次郎兵衛実の供養・顕彰碑を祀るお堂があるがです。 勝賀野次郎兵衛実信次郎兵衛は、蓮池城最後の城主、吉良左京進親実に仕えた重臣で、領内の見地役として敏腕をふるい、経済の才と武技にすぐれた武将であった。天正16年(1588年)、左京進は長宗我部元親の世継ぎを評定に加わり、伯父元親をいさめたため、逆隣に触れて切腹を命じられた。更に元親は家臣の土居...

片岡下総守光綱 - 豊臣秀吉の四国攻めの際、金子城援軍に出陣し討死

0
[ 高知県越知町片岡 ]片岡下総守光綱の父・茂光は黒岩城(南片岡城)を拠点に勢力を保っていたが、長宗我部国親の妹を第二室(正室は山本氏の娘)にし、長宗我部氏と姻戚関係になっちょります。理春尼 - 片岡茂光の妻で長宗我部国親の妹、菩提を弔い盆踊りを 2016-06-22 黒岩城址 - 戦国時代、高吾北地方最大の城下町が形成されちょった 2019-12-15 父・茂光が亡くなった後、片岡光綱が家督を継ぎ長宗我部氏の有力武将として...

牧野富太郎 - 2023年前期NHK連続テレビ小説『らんまん』放送決定

0
[ 高知県佐川町 ]NHKは来春(2023)前期の連続テレビ小説は、土佐が産んだ日本の植物学者・牧野富太郎をモデルにした『らんまん』を放送すると発表したがです。昨年は、やはり高知を舞台にした細田守・監督の『竜とそばかすの姫』も話題になったけんど、12年前(2010)のNHK大河『龍馬伝』以来の連続テレビ小説になり、高知県民として喜ばしい限りです。モデルになる牧野富太郎は、文久2年(1862)年旧暦の4月24日に佐川町に生まれた日...

浦戸湾十景 - 西孕観音堂(鷲尾山観音堂)

0
[ 高知県高知市孕西町 ]石碑のあるのは、以前御紹介しちょります、西孕観音堂(鷲尾山観音堂)の境内ながです。 鷲尾山観音堂 - 土佐西国三十三観音霊場第19番 2021-11-02 「浦戸湾十景」の碑が建てられた、昭和7年(1932)から今年で90年。今じゃ周辺にゃ高い建物や民家が埋め尽くし、木々に覆われた境内からも殆ど眺望もききません。 辛うじて北側の参道上からは北側の筆山、遠くに工石山が見えます。 東側からも、遠く梶ヶ森...

下田土居 - 蛸の森城主・下田駿河守の山下居館

0
[ 高知県南国市稲生 ]背後の山は鉢伏山ですが、下田川の南側の水田や畑の真ん中に、こんもりと木々に覆われた八幡さんが鎮座しちょりますが、『高知県南国市中世城館跡』によると、此処は下田土居跡じゃそうです。資料によると、土居八幡宮(矢ノ根八幡宮)を中心に、東西約150m、南北約100m程が土居だそうで、『下田地検帳』によると屋館はは六反だったそうです。 写真は土居八幡宮(矢ノ根八幡宮)の北側から見た蛸の森城址(...

大通寺観音堂 - 土佐西国三十三観音霊場第32番

0
[ 高知県高知市神田 ]場所は、高知市神田にある三所神社の境内の南東隅に、土佐西国三十三観音霊場第32番の大通寺観音堂はあります。元は直ぐ南側の山にあった様ですが、大正8年(1919)に現在の場所に移転しちょります。 『南路志』によると、江戸時代以前に高岡郡蓮池村から移転して来た「明王院大通寺」の名があり、また、『皆山集』には「高知城坤(ひつじさる)方 神田村観音堂アリ 此在所二寺ナシ この堂ハ常ハ 常通寺塔...

大谷養正聖功 - 野中兼山失脚後も谷秦山と共に土佐に居て南学を伝えた

0
[ 高知県高知市・筆山  ]今回は、撮り貯めちょった写真の整理をしよったら、判明した土佐の偉人の一人で、山本泰三・著の『土佐の墓』にゃ、「野中兼山失脚後も谷秦山と共に土佐に居て南学を伝え、子の長男・直昭、次男・敬直も南学を受け継いだ」とある。 野中兼山 - 野中兼山一族の墓所 2015-10-13 国指定史跡・谷重遠墓 - 土佐南学を再興し日本の「尊厳」を教えた 2019-08-24 大谷養正は、朱子学者で、字・聖功、号・思斎...

遍路道標 - 明治十三年(1880)に建てられた遍路標石

0
[ 高知県高知市春野町新川 ]この遍路道標があるがは、仁淀川の堤の上にある新川の大師堂への登り口ながです。丁度、新川川を渡った橋の傍に建てられちょりますが、標石の下部はコンクリート埋まっちょります。 両手指差しの遍路道標で、右「従是種間寺」、左「従是清瀧寺」 建てられたのは「明治十三辰年」 施主(この標石を建てた人)は「武政米蔵」とある。MapFan地図へ  ...

中ノ土居久礼田氏城館跡 - 久礼田氏は長宗我部三代・忠俊の弟・忠幸が祖

0
[ 高知県南国市久礼田字中ノ土居 ]中ノ土居は、久礼田小学校の敷地一帯に築かれちょったようですが遺構などは無く、現在、久礼田小学校の西側にある正門左側の校舎の脇に、「中ノ土居久礼田氏城館跡」の説明板が建てられちょります。 中ノ土居久礼田氏城館跡 久礼田氏は、岡豊城主・長宗我部氏初代・能俊の孫で三代・忠俊の弟・忠幸が久礼田城主となった時にはじまるといわれています。その後しばらく詳しい記録はありませんが...

吉良宣直 - 本山茂辰に奇襲され仁淀川中洲の如来堂にて討死

0
[ 高知県高知市春野町弘岡上付近  ]『土佐国編年記事略』所収「古城伝承記」に、本山茂辰は、吉良駿河守が贄殿河(仁淀川)に出て狩猟をするのを知って、700余兵を二手に分け一手は吉良城を攻めて落とし、もう一手は贄殿河(仁淀川)に向った。吉良駿河守は如来堂と伝えられる島で鵜をつかわせ居たる処を、本山軍は、ゆきとう(行当)の山陰より時を作りて弓、鉄砲で襲いかかって来たる。吉良駿河守は船に乗らんとしたが、流れ矢...

坂本龍馬生誕祭 - 2021.11.15は186 回目の誕生日で命日

0
[ 高知県高知市上町  ]過去写真(200)ですが、今日は坂本龍馬の186 回目誕生日で命日ながでして、高知市上町の生家跡では生誕祭が行われます。MapFan地図へ  ...

今一度選択いたし候 市町村別記事 高知市 市町村別記事 東部 市町村別記事 中央部 市町村別記事 西部
・ 維新の礎 ・ 高知市 2022 ・ 安芸市 ・ いの町 ・ 大月町(記事無)
・ 歴史・史跡・その他  ・ 高知市 2021 ・ 馬路村(記事無) ・ 大川村(記事無) ・ 黒潮町(記事無)
・ 高知市 2020 ・ 北川村 ・ 大豊町(記事無) ・ 四万十市
・ 写真が掲載されました ・ 高知市 2019 ・ 芸西村 ・ 越知町 ・ 四万十町
・ 高知市 2018 ・ 田野町 ・ 香美市 ・ 宿毛市(記事無)
・ 高知市 2017 ・ 東洋町(記事無) ・ 香南市 ・ 津野町
・ 高知市 2016 ・ 奈半利町 ・ 佐川町 ・ 土佐清水市(記事無)
・ 高知市 2015 ・ 室戸市 ・ 須崎市 ・ 中土佐町
・ 高知市 2014 ・ 安田町 ・ 土佐市 ・ 三原村(記事無)
・ 高知市 2013 ・ 土佐町(記事無) ・ 梼原町
・ 高知市 2012 ・ 南国市
・ 高知市 2011 ・ 仁淀川町
・ 高知市 2010 ; ・ 日高村
・ 高知市 2009 ・ 本山町(記事無)
    ・ 高知市 2008